大阪 水了軒 株式会社

お品書き

御飯 赤魚味噌祐庵焼 出汁巻玉子 煮物(鶏肉 里芋 高野豆腐 茄子 昆布巻 海老 椎茸 筍 人参) 大白花芸豆 そら豆 しば漬け 生酢 鳥賊雲丹焼 蒲鉾 いんげん 黒ごま

お値段

1,185円 (税込)



とっても地味なお弁当ですが、昭和50年発売のロングセラー駅弁です。大阪の代表的なお弁当です。大阪の駅弁と言うと、たこ焼きやら、串カツが入っているものが多いですが、このお弁当は、違います。本物って感じですかねぇ。とにかく、これだけ永きに渡り愛されているお弁当ですから、美味しいに決まっています。地味な割にお値段も安くないですからね。では、早速。

お弁当箱の半分に、地味な御飯が地味に入っています。後、しば漬けです。いや~地味でいいですね。決してディスっている訳ではありません。

おかずは、色鮮やかでいいですね。ほんと、幕ノ内って感じですね。煮物が多く入っていて、鳥賊雲丹焼赤魚味噌祐庵焼など、珍しいおかずも入っています。

こちらが、鳥賊雲丹焼ですね。単なる鳥肉ではありません。雲丹(うに)焼きって料亭とか高級なお寿司屋さんとか行かないと聞かないですよね? ほんのり雲丹の香りがして、とても上品な味ですね。流石に美味しいですね。

こちらが、赤魚味噌祐庵焼ですね。これもまた美味しいですね。出汁巻玉子昆布巻も手抜き無し。どれも美味しいですね。

中々、そら豆が入っているお弁当も珍しいかと思います。色々な駅弁に煮物が入っていますけど、水了軒さんのお弁当の煮物は、本当に美味しいですよ。これだけロングセラーになっているのも納得です。見た目は地味な感じですが、味は全然地味では無いですね。不思議とまた食べたくなるお弁当です。食べたら愛される理由が分かりますね。お薦めの駅弁です。

ごちそうさまでした。

今回の八角弁当

星 ★★★☆☆ 3つです。





投稿者

satoshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です